犬の夏の暑さ対策

暑い季節人にとっても辛い時期となりますが、

わんちゃんにとっては一番の辛い季節となります。

夏に体調不良を起こさないために気をつけること、

私たちができることを最大限にしておけば、わんちゃんも快適な夏を過ごせます。

 

①室内での対策

室内で飼っている犬の場合でも気をつけなければなりません。
真夏に閉め切った状態でいると、室内の温度は昼間で30度を一気に
超えてしまいます。少しでも暑いかもと感じたら、エアコンをつけましょう。
外出する時間が多くお留守番の時間が長い場合は、気温を必ずチェックし、
エアコンをつけて出かけるようにしてあげてください。

②新鮮なお水を与える

お散歩の時はもちろんですが、室内でもお水は新鮮な水をいつでも飲める状態に
しておきましょう。気温が上がってきて、日に当たるような場所は避け、
なるべく涼しい場所に置いてあげるとベストです。

 

③ひんやりグッズ

エアコンで室内の気温を下げることもひとつですが、
ペットボトルに水を入れ凍らせて冷やし、タオルで巻いて近くに置いてあげるのも効果的です。
ケージの中に入れてあげるのもよいですね。
暑いと感じたら自分で体を冷やしに行けるので、常に近くに冷やしたペットボトルを
置くのがいいです。冷えすぎないように必ずタオルなどに巻いてあげましょう。
また、ペット用品店などで、夏におすすめの商品で、首に巻くネッククールや、
クールマットなども非常に良いと思います。
我が家の犬は、ネッククールは嫌がってあまりつけてくれませんでしたが・・・。
クールマットは冷たくて気持ちがいいみたいで、昼寝はよくその上でしています。

 

④ブラッシングなどのお手入れ

なるべく毎日、ブラッシングをして被毛の中に空気を取り入れてあげましょう。
お外へお散歩に行ったり、ドッグランで走ったりすると、ノミやダニが
ついている可能性もあります。しっかりブラッシングしてあげることが大事です。
また水遊びの好きな犬は、皮膚炎や外耳炎などを起こしやすくなると言われているので、
よく見て異変に気づいたらすぐ病院へ連れていきましょう。
水に濡れた状態や半乾きだと毛が蒸れてしまい、皮膚のトラブルの元になりますので、
しっかりタオルドライした後は、ドライヤーで乾かして完全に乾いた状態にしてあげましょう。