犬の熱中症

暑い季節がやってきましたねー。

夏!と言えば犬にとっては辛い時期になります。

人にとっても暑い夏は体力が消耗され、大変な時期にはなりますが、

犬にとってはもっと大変!

気をつけなければ、熱中症などになり命の危険になることもあります。

今回は、

犬の熱中症対策、予防、対処方について

 

何故熱中症になりやすいのか

 

犬の呼吸の仕方は、「パンディング」と言われる、浅くて早い呼吸を繰り返して、

体温の調節をしています。

人は体全体から汗を出して、気化熱によって体温を下げて調整していますが、

犬は、肉球からほんの少しの汗を出すことしかできないので人のように発汗で

体温の調整ができません。

なのでその代わりに、「パンティング」の方法で体温の調節を行っています。

そして、熱中症になると、更に呼吸が荒くなり乱れ、

舌をいつも以上に出して唾液をたくさん出すようになります。

症状が重症化してくると、ぐったりとし、下痢をしたり、吐いたりします。

熱中症になりやすい犬種

①短頭種

犬の中でも特に「熱中症」になりやすい犬種があります。

それは鼻ぺちゃともいわれる「短頭種」の犬です。

「短頭種」の代表的な犬→ブルドッグ・フレンチブルドッグ・シーズー
            パグ・ペキニーズ・狆 など

 

その理由としては、「短頭種」のわんちゃんは、他の犬種よりも

鼻腔が狭く、呼吸がしづらいので、軟口蓋過長、外鼻狭窄症、気管虚脱などの

呼吸の疾患になりやすいです。犬は呼吸で体の熱を下げる為、

呼吸器官の働きがよくなかったり悪い子は熱を下げにくくなるので、熱中症に

かかりやすいのです。

②興奮しやすい子

遊ぶことが大好きで、つい暑い時期も走りまわり、

休憩もせず水も飲まずでは危険なので、様子をしっかり見て

水分補給も忘れずにさせましょう。

 

③大型犬 

代表的な大型犬の、ラブラドールやゴールデンレトリーバーなどは、

小型犬に比べて体温を下げにくく、外での飼育が多いために、注意が必要です。

お水をしっかりあげて外での場合なるべく日陰にいるようにしましょう。

④疾患がある犬

・心臓疾患
・呼吸疾患

この疾患がある犬は尚気をつけなければなりません。

健康な犬に比べて、熱中症にかかりやすく、また熱中症になった場合

命の危険性がありますので気をつけましょう。